2018年01月21日

読書のつながり

昨日は小川洋子の「心と響き合う読書案内」を読んだ。

今までに読んだ本もたくさんあったが未読の本の中にもいいことが書かれていたり
すでに読んだ本の中に、ええそうだったのかとか、そういえばそんなことが書いてあったなというふうに
本と本が呼応しているようで面白かった。

宮本輝の「錦繍」では主人公の一人亜希がモーツァルトを聴いて「生きていることと死んでいることは同じことかもしれへん」というのは有名なセリフだが、戦後藤原ていが「流れる星は生きている」で満州からひどい思いをしながら三人の幼子を長野の実家に連れて帰ったとき「これで死んでもいいんだ。もう死んでいいんだ」というのは胸をうつ。
他にも「秘密の花園」に「この世に生きることの不可思議というべきか、人生にはごくたまに、自分が永遠に生きられると確信できる瞬間が訪れる」というのは記憶に残っていなかったし
エンデの「モモ」に出てくるカシオペイアという年老いた亀が自分の言いたいことをこっそり甲羅にたった一行だけ浮かび上がらせるという場面はなんとなく覚えているのだが、その一行に何が書かれていたのかはまったく覚えていない。
オレの読書はそんなものである。

カミュの「異邦人」の最後の「あの大きな憤怒が、私の罪を洗い清め、希望をすべて空にしてしまったように、このしるしと星々に満ちた夜を前にして、私ははじめて、世界の優しい無関心に、心をひらいた。」というのは何度も何度も読み返したが
こんなのはめずらしい例である。

佐野洋子の「100万回生きたねこ」について「ほんとうに死ねるということは、幸せなことなのです。」と書く一方で
武田百合子の「富士日記」の最後でガンの末期なのでビールを飲ませてもらえない武田泰淳が
かんビールを下さい。別に怪しい者ではございませんとねだるところなど不憫でおかしくて、オレの臨終の言葉にしたいと思った。
「」
posted by T野 at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄棒で筋肉痛

4時起き。
どうも腕の筋肉が痛いなと思ったら、昨日から始めた鉄棒のせいだった。とにかく長いこと鉄棒とは遠ざかっていたからなあ。
とにかく鳩尾の下ほどの高さの鉄棒を両手で押さえて飛び上って前転をやってみたらドタッと落ちたのである。
以前はもうちょっと高い鉄棒に逆上がりをしてから前転や後転を連続でやっていたものだが今ではとても無理。
情けないが懸垂も一回もできないだろう。一から、鉄棒を握ることからやり直しである。
とにかく上半身の筋肉が全くなくなっているし
壁を使った逆立ちもできない。
下半身は少しずつ戻ってきたのだから、無理をせず上半身を鍛えるメニューを考えてみよう。
最初は腕立て伏せ、鉄棒に飛び上がって前転でもなんでもやってみること。壁に向かって倒立あたりを毎日やっていこう。

今日は入院31日目。昨日から同室の二人が外泊に帰ったので静かな日曜日になりそう。
公園で自主トレをやり飯を食って、本を読んで寝るだけ。

入院31日目。
前回は6月16日。
9時半から1時間かけてK江さんに確定申告の用紙を確認してもらっている。
あれはほんとに厄介なシロモノでしたねご苦労をおかけしました。

診断に行ったら次週の月曜に大腸検査を告げられている。
午後駅前のケーズデンキに行き退院後に必要な家電製品をチェックしている。
気の早いことだ。退屈だったんだよ
posted by T野 at 04:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

ひと月ぶり? 音楽療法に

1時特別外出許可証を詰所で受け取り外出。
市民図書館の本の返却に寄ったら今日から引越し準備で1週ほど休み。

家に寄り本を置いてから山寿会へ。のんびり自転車を漕ぐ。
道端にはもうオオイヌノフグリが咲いていて早くも春の気配である。

image.jpeg

2時に到着して早速本番。
「久しぶりです」 と昔のお嬢さんたちにあいさつしたらやんやの拍手をもらった。
「冬の星座」なんて知らない歌から始まり「たきび」や「雪」などおなじみの歌のほか
♪ 甲斐の山々で始まる「武田節」では得意の詩吟を披露するおばあちゃんもいて結構積極的である。

安部に来週はお前に任せると言われ「冬の夜」「春よ来い」、「春の小川」などを歌うことになったが
ついでに「365日の紙飛行機」 もサービスしちゃおう。
帰り、もう一度家に寄り野ばら社の「童謡と唱歌 日本のこころ」 を持って帰る。
これ一冊マスターすれば万全である。ていうかコードも簡単なので大概は弾いて歌える。
「七里ヶ浜の哀歌」なんかは古すぎて知らないが。

しかし久しぶりに遠出できてストレス発散になった。
3時間もらったのでちょうどよかった。
退院しやらいよいよ安部が本格的に特訓してくれるそうだ。

戻ってすぐまた公園で鉄棒でんぐり返り地獄落ちを12回。
posted by T野 at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でんぐり返り落ち

今朝のストレッチ。
くねくね体操150回、腹筋70回、背筋片脚上げ30回、斜め腕立て伏せ10回。ヒンズースクワット80回。

ラジオ体操の後の朝礼で今日で退院という親父さんが挨拶した。羨ましい。ちっくしょー。
10時からモーニング例会。
テーマは「雪の日の思い出」。大概は雪合戦やスキーの話だったが
オレは出勤の前夜から大雪が降りバスに乗ろうとしたら獅子ヶ谷のバス停から坂の下まで長蛇の列ができているのに
バスは一向に来る気配がなく会社を休んだことを思い出した。
会社勤めで何が嫌かといって毎日の通勤は苦痛の筆頭だった。帰りは一杯やっていたからなんでもなかったが。

あちこち筋肉痛だらけになってきたので、久し振りにさんさんクリニックに出かけ湿布薬だけもらう。
なくなったらまた取りにきてくださいと言ってくれる。近くなので助かる。もう頸の牽引の必要はなくなったし。
ベッドで頸のブリッジなんかもちょっとやってみたりしている。

公園に寄って鉄棒ででんぐり返りでドタッとコケるのを10回やり
バスケのディフェンスのイメトレフットワークを少し。足がもつれる。
あと40日でどこまで身体能力を伸ばせるだろうか。
とにかくみっともなくても日々の積み重ねを継続するのみ。
成果は確実に現れておる。
posted by T野 at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院ひと月目

3時半起き。
やっと入院して30日が経った。
年が暮れかけた22日に入院した当初こそ
「ここはどこ? 私はだれ?」状態であったが、一人で準備して入院したんだし
酒が抜けるにつれ頭の回復は早く、
早朝の自主トレのおかげで体力もすっかり戻った。
で、今日は入院ひと月目にして山寿会の音楽療法に復帰である。指が動くだろうか。
今日退院でも大丈夫であるが、これから寒くなるし、退屈だがあとひと月我慢することにする。
案外あっという間かも。

前回の目標は「アル中からの回復と再生」であったが、入院当時がほとんど廃人寸前だったから生半可なものではなかった。
2ヶ月半で退院できた時は「下司病院の奇跡の人」と言われたぐらいだったんだから。

今回はすでに回復の段階は過ぎたように思われるので
残るひと月で「丈夫な体と強い精神力」を養って退院したい。

さて前回の入院時、ひと月目の6月13日はどうだったかというと。
点滴が続いていてまだ微熱が引かん状態だった。

マンションの売却金額が振り込まれ、U原がそれまでのローン会社、国民金融公庫ほか友人、知人たちの借金返済を始めてくれたところ。この時の借金一覧はうちに残っているが700万ぐらいだったか。
とにかく全部返済したら100万くらいしか残らん。
入院日、新居契約日、引越し代、冷蔵庫、洗濯機、退院後の生活費などをどうするか頭が痛いことであった。

今回の入院に関しては基本的に自分で収支計画が立てられているから
前回とはえらい違いである。借金もないし。

あとは健康第一ということにしておこう。
続きを読む
posted by T野 at 04:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

どんどん読書

公園で鉄棒の前転失敗を10回繰り返し部屋に戻ったら
詰所からアナウンスがあり、来週月曜日風呂に入ったあとから24時間の心臓検査をやられることになった。
心電図を診る時のようなものをつけられるらしい。
散歩ぐらいはいいですかと確認したら普段通りいくらでも動いていいとのこと。
前回のエコー検査では不正脈がみられたし、この際どんどん検査はやってもらいたい。

牛丼みたいな昼飯のあとちょっと昼寝してから風呂。
作業療法は5色の糸編みの続きだったが糸がほつれたりして失敗。
「これはなかったことにしておきましょう」とM好隊長に没収されまたやり直し。

3時前外出届けを出して出かける。
市民図書館とこどもの図書館に本を返却に行き
こどもの図書館でロバート・パーカー「ダブルプレー」、ジャック・ヒギンズ「黒の狙撃者」、小川洋子「心と響き合う読書案内」を借りてから大丸の宮脇で週刊誌を座り読み。
再び市民図書館に寄りロバート・パーカーの「銃撃の森」ほかをリクエストしたら、倉庫に在庫はあるのだが
7月のオーテピアのオープンまで待ってくれとのこと。あと半年だな。
代わりに昨日リクエストしていた山田太一のエッセイ「その時あの時の今」、「昭和を生きてきた」が届いていたので借りてくる。

image.jpeg
毎日屋でアップルパイもどきを買ってくる。


病室が本だらけになってきたので明日の音楽療法の前に家に寄り読み終わったのは置いてこよう。
続きを読む
posted by T野 at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南今月いっぱいで退院

昨夜安部と柳が来た時連絡したが出なかった南から電話があった。
義足も付いたのでリハビリを始めているが今月末には退院できるらしい。
店にもだんだん顔を出すようにするとのこと。
オレも早くカツカレーを食べに行きたい。

夕べ安部と柳がお土産に持ってきてくれた和菓子は昨日1個、残りの5個は今朝食べてしまった。
小さかったし、甘い物に飢えていたので。
しかしこれを完全に消化するには相当な運動をしないといけないだろう。
ちなみに今朝のスクワットはくねくね体操150回、腹筋70回、ヒンズースクワット80回、新しい背筋トレーニングとして
うつ伏せになったまま左右の脚を交互にゆっくり上げて下ろすのを30回。
それ以外に病院をちょっと抜け出して鉄棒に飛び乗って前転ができるようになりたい。
できないまでも運動にはなっている。森光子「放浪記」のでんぐり返りよりは。

あと万歩計を買ってみようと思ってヤマダ電気のホームページで調べたら
1,200円ぐらいのがあったが
ウォーキングの目安としては1日8,000歩を70分、大股で。うち20分は早足でとあった。

image.jpeg





自転車はやめて毎日歩くようにすれば楽勝であるが、ここから駅前の「ブ」まで歩いて戻ってくるのも面倒だしなあ。
最近は強歩も中止になったみたいなので、なるべく毎日屋や図書館に行くのは歩くとかしないとダメだな。
天気のいい日には鏡川散歩とか。

ええいよく考えると温水プールが一番かな。
続きを読む
posted by T野 at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院29日目

4時10分起き。
考えてみたら入院してまだひと月経っとらんのか。半分以上残っているのだ。先は長い。
あせることなくゆっくり行こう。1日1日を大切にしよう。なんかの標語みたいだな。

前回入院の29日目は6月14日。(どっかでずれたな)
この日から平成24、25年度分確定申告用の支出明細書き始めるとある。
これからが大変だったのだ。ほとんどベッド脇で毎日慣れない経理作業の連続だった。
出版社時代はせいぜい毎月出す出張経費と交通費の精算ぐらいだったから、嫌んなっちゃった。

朝礼のあと世話係に呼ばれ明日から1週間朝礼で断酒の誓いを読むように頼まれている。
週交代だったのね。

例会は相変わらずアホみたい。早く退院したいと書いてある。
これは永遠にアホみたいなんだからしょうがない。アル中の集会なんだから当たり前である。

土曜日だったので明日は日曜市で芋ケンピを買って来ようと書いてある。
物忘れが激しく、携帯は出てきたが小銭入れを失くしたらしい。
今もボケているがこれほどひどくはないな。

本日は午前中は読書。午後は風呂の後、作業療法に参加してからこどもの図書館に寄り
自宅に帰ってギターを弾いてこよう。
今から自主トレ。
続きを読む
posted by T野 at 04:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

安部と柳見舞いに来る

夕食後うとうとしていたら詰所からT野さんお見舞いの方が来ていますとアナウンスがあったので
4階に上がったら安部と柳だった。
誕生日祝いに帯屋町の老舗の和菓子屋で買ったというお土産をもらった。

3階のエレベーター脇の椅子で近況報告をする。
退院は来月末だが音楽療法は参加できること、
定年後もウェーブで働かせてもらえそうなので、もうキッパリ酒は断つことを表明する。

山寿会もオレのことは気に入ってくれ、定年後はアルバイトで来てもらってもいいと言ってくれているらしいので
安部はオレの入院のことは黙っているらしい。
池田さんの4月からの原画展のことを話したら
ダヤンファンだった職員の女の子は別の施設に移ったらしいが、彼女をがっかりさせないためにも(元ダヤンの本の担当だった優秀な編集者ということになっているらしい。嘘じゃないが。)下司の入院のことは、これからも内緒にしておくようにと言われた。
柳はサマーセミナーのオレの酒害体験発表も聞きに来てくれたので、入院には驚いたようだ。
安部には入院前に訳の分からん電話をかけたらしく、入院したことは得心したらしい。

とにかく明後日からの音楽療法は参加するし、リハビリのためにも続けたいと伝える。
ギターも練習する。

7時40分に部屋に戻ったら同室のF上さんらが今日の例会はもう終わったと言って戻って来た。
明日の午後は家に帰ってギターの練習をしておこう。

明日
posted by T野 at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピー ・バースデイ ・ツー ・ミー

2時前にウェーブへ。NさんとN木さんに笑顔の歓迎を受ける。
「ほんと元気になりましたねえ」と驚いた様子。
入院前とは別人みたいと言われる。これも日々の懸命の自主リハビリの賜物。
今なら馬車馬のように働けますぜとアピールする。
オレをただのアル中と思うなよ。 (こーゆーこと言わなきゃいい男なんだけど)
退院したらすぐ3月2日から働きたい旨伝える。金曜だからパン販売の日だが看護学校はやっているのだろうか。 

施設長もやって来て「後ろから見て誰かと思った。別人みたいに元気になったねえ。背も伸びたみたい」と驚かれる。
退院まであと40日ほどあるが、もう少しの辛抱だ。
久しぶりにウェーブのみんなに会えたおかげでものすごく元気が出た。ありがとう。

駅前の「ブ」で山口瞳「酒呑みの自己弁護」、山田詠美「対談集 内面のフィクション」、吉行理恵「男嫌い」の文庫3冊。

image.jpeg

エースワンで微糖エスプレッソ・オレとココア・オレのスティックと三ツ矢キャンディーアソート、ポップコーン塩味を買い
帯屋町のマツヤで誕生日祝いに店のおすすめモンブラン440円を奮発する。

市民図書館で「バスケットボール ポイントガード上達のコツ50」を借りて来る。
Nさんは市民体育館でバスケチームの練習をすることはないのだろうか。
隅の方でシュート練習をさせてもらえるとありがたいんだが。
城北は夜遅いからなあ。

とにかくこれから誕生日のケーキをいただきませう。
続きを読む
posted by T野 at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする